山の者にやりこめられた町の商人 [上新川郡]

むかし、むかし。

ある山奥の村の人が、ときどき用事があって町へ出てきましたとぉ。

その村は、山の奥のそのまた奥にあるので、けわしい山坂をのぼったりくだったり、

峠をいくつも越えてこなければなりません。だから、町へ出るのは泊りがけでした。

殿さまのいらっしゃる城下町へ出てくるときは二日がかりのことでした。

あるとき、太郎べえさが村の用事をたのまれて城下町へ出ましたが、思ったより手間

どったので、一晩よけいに止まって村へ帰ることにしました。

つぎの日はいろいろと買い物をしながら、ある魚屋の前を通りました。

たくさんの魚が店先にならんでいるのを見ると、村の人たちのみやげに買って帰り、

久しぶりに海の魚を食べさせてやろうと思いました。

そこで、店の前に立って、あれこれと見ていましたが、生きのよいマグロを買うことに

きめました。

店のおやじに向って、

「どっでもいいさかい(から)、一本わらづとに包んでくれっしゃい」

といいました。

見るとモンペをはいて、みのを着、腰には木の皮であんだどうらん、背にはセッタ(背

板)を負うて、何やらいっぱい荷をかついでいます。おやじは腹の中で、

「ハハァン、こりゃ山の奥の者じゃな。海の魚なんかめったに食べんまい。一ばんちっ

ちゃいやつを一ばん高ら(高く)と売りつけてやろ」

と思いました。

そこでまず、マグロの一ばん大きいやつを持ちあげて、

「おいマグロ、おまえや、この山のとっと(おやじ)といっしょに行くか」

とことばをかけ、

「ふんふん、いやか、そうか」

といかにも話をしているように見せかけました。

それから、つぎに大きいマグロを持ちあげて、いいました。

「おいマグロ、おまえや、この山のとっとといっしょに行くか。」

「ふんふうん。おまえもいやか。そうか、そうか。」

こうして、つぎつぎに同じ問答をして行き、おしまいに一ばん小さいマグロを持ちあげて、

「弱ったことになったわい。おい、おまえやどうじゃい。がまんして、この山のとっとと

いっしょに行ってくれんかい。」

「ふんふん、いやか。そんなこというたかてしかたないちゃ。いいん。じゃ行ってく

れ。」

よっとやっとなっとくさせたように見せかけ、

「旦那、ほかのやつ、みないやじゃいやじゃというとりまするが、こいつだけ行くいうと

りますちゃ」

と笑いながら、一小さいマグロをわらづとに包んでくれました。

それを受けとった太郎べえさは、

「そっかそっか、たいへんお世話さんじゃった」

といって、ふところから財布を取りだし、まずザクザクと音をさせてみせました。それか

ら一ばん高いお金をだして、

「おい銭や、おまえや、この魚屋にもろわれて、お城下におる気ないかい」

とことばをかけ、

「ふんふん、いやか、そうか」

と太郎べえさも魚屋のてを使って、いかにも話しているように見せかけました。つぎに

また少し小さい銭をとりだして、

「おい銭や。おまえはどうする。この魚屋にもろわれて、お城下におる気はないか

い。」

「ふん、ふうん。おまえもやっぱりいやか。そうか、そうか。」

それからつぎつぎに受け答えをして行き、おしまいに一文銭をとりだして、

「弱ったことになったわい。おまえやどうじゃい。がまんしてこの魚屋に、もろわれてく

れんかい。」

「ふんふん、いやか。そんなこというたかてしかたあんまい。おおん、じゃお城下に

おってくれっか。よっしよっし」

とさもがってんしたといわんばかりに、

「おやっさま(ご主人)、ほかのやつ、みないやじゃいやじゃというとるが、こいつだけ

お城下におるというとりますて」

といって一文銭を渡すと、さっさと店を出て、山の奥へ帰っていってしまいましたとぉ。

 

はなし 寺下 トキ(故人) 磯上鶴次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *