売薬が基幹となった富山県の産業

売薬が根幹となる産業樹

{図が入る}

木の大元は、江戸時代に興った売薬産業と古くからの農業者(地主)が支えている

売薬に木(売薬が根幹となる産業樹)

◎江戸時代は藩のきまりで、蓄積した資本を他に投じることが禁止されていた

◎売薬業者は金融機関をはじめ、水力発電・鉄道・各種製造業・出版や印刷・教育などの幅広い分野に投資

◎売薬業者が参画した業種は、はじめ織物業が多く、その後、商業(呉服・書店)・運輸・水産・保険・出版・新聞・広告などの分野にわたった

◎売薬関連業種として、容器製造・印刷・製紙(和紙)などがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *