富山医薬品産業の現状

富山県における医薬品産業の位置づけ
富山県の産業分類別出荷額

◇化学産業は本県産業の16.4%と第1位を占め、そのうち医薬品製造業は12.3%
◇産業細分類では、第1位

うち医薬品 12.3%
その他の化学 4.1%
金属製品 10.9%
非鉄金属 10.6%
電子部品 8.8%     全金額のうち化学16.4%のうち、医薬品製造業が12.3%を占める
生産用機械 8.5%
プラスチック 6.6%
鉄~ 5.09%
その他 33.1%            出典:「平成25年 富山県の工業」

従業員数建設用等金属製品製造業
◇従業員数は、に次いで、第2位で約10,000名が従事
◇出荷額(第1位)、従業員数(第2位)と、本県を代表する産業

全従業員数 118,756人

建設用・建築用金属製品製造業  12,722
医薬品製造業 10,175
自動車・同附属品製造業 4,703
その他の食料品製造業 4,688
金属加工機械製造業 4,474
装身具・装飾品・ボタン・同関連品製造業 4,175
その他の汎用機械・同部分品製造業 3,951
工業用プラスチック製品製造業 3,599
非鉄金属素形材製造業 3,417
その他の生産用機械・同部分品製造業 3,368
県の工業」

出典:「平成25年 富山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *