医薬品生産金額の増加要因

①平成17年4月施行の改正薬事法により、医薬品製造の最終工程までの委受託が完全自由化

[受託製造の増加理由]
・薬業の伝統に裏打ちされた高い医薬品の製造技術
・県内製薬企業の積極的な設備投資
・包装容器やパッケージ印刷等の医薬品関連産業の集積       (医薬品の生産拠点として高い評価)

②国のジェネリック医薬品(後発用医薬品)の使用促進

③新剤型や新投与経路医薬品などの新製品の開発

県内製薬企業における設備投資の状況
◇平成17年から25年までの設備投資は、1,500億円を超える
◇平成26年以降も金額ベースでは、900億円を超える投資が見込まれる

投資金額 件数
H15   73 9
H16 138 6
H17 165.1 17
H18 25 4
H19 41.9 8
H20 214.5 7
H21 133.1 13
H22 229.5 21
H23 351.6 25
H24 169.8 19
H25 264.1 17 今後とも積極的な設備投資が予定される。
H26以降 911.3 50

出典:医薬品製造業・製造販売業アンケート調査(H26.7くすり政策課実施)等

県内における製薬企業の設備投資状況
◇企業立地促進計画による企業立地のうち、40%弱が製薬企業

富山県企業立地促進計画                                     [指定集積業種]
☆承認状況                                          ・IT関連製造業
全国     富山県      うち医薬品    富山県   うち医薬品       ・医薬品関連製造業
件数        603件    33件(5.44%)    11件       72件     27件       ・機械金属関連製造業
→                ・健康生活関連製造業
総投資額    3兆119億円   1,756億円(5.84%)   -       2,446億円    -

企業立地助成金・・・設備投資額×10% ([上限2億円]   県・市・・・各1/2)

最近の主な製薬企業立地

第一ファインケミカル㈱       アステラスファーマパック      日医工㈱                日医工㈱
トラネキサム酸製造工場        発酵技術研究棟         グローバル開発品施設管理センター     新製剤棟(ピラミッド棟)
(H23.3竣工)             (H23.3竣工)         (H23.10竣工)             (H23.2竣工)

出典:富山県立地通商課調べ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *