ばいにゃこさんメルマガをスタート

メルマガばいにゃこさん通信の読者数は「  人」!
購読無料、退会無料ですのでお気軽にお試し下さいませ。
ばいにゃこさんがゆるくメルマガ配信中。

トップページ 会社概要 ホームページ診断 レビュー記事 ゆるキャラ育成 ばいにゃこブログ お問い合わせ

Webプロモーションサポート社サイト診断・アドバイス
ホームページ診断

電話番号
メール問い合わせ
年月 売上 累計
2015年10月 195,177 195,177
2015年11月 95,926 291,103
2015年12月 110,954 402,057
2016年1月 186,876 588,933
2016年2月 150,806 739,739
2016年3月 140,426 880,165
2016年4月 352,741 1,232,906
2016年5月 175,956 1,408,862
2016年6月 145,000 1,553,862
2016年7月 85,328 1,639,190
2016年8月 61,034 1,700,224
2016年9月 167,158 1,867,382
2016年10月 189,435 2,056,817
2016年11月 234,709 2,291,526
2016年12月 234,216 2,525,742
2017年1月 179,022 2,704,764
2017年2月 191,212 2,895,976
2017年3月 128,852 3,024,828
2017年4月 195,250 3,220,078
ばいにゃこさんの日記最新記事
新着コメント
  1. Re: 10月の富山紅茶の会~富山産紅茶とローズティ ばいにゃこ 2016/10/28 17:53
  2. Re: 10月の富山紅茶の会~富山産紅茶とローズティ よし子 2016/10/26 15:26
  3. Re: 9月の富山紅茶の会~あさひ紅茶と南阿蘇紅茶飲み比べ ばいにゃこ 2016/9/22 11:51
  4. Re: 9月の富山紅茶の会~あさひ紅茶と南阿蘇紅茶飲み比べ ばいにゃこ 2016/9/22 11:50
  5. Re: 9月の富山紅茶の会~あさひ紅茶と南阿蘇紅茶飲み比べ よし子 2016/9/22 0:49
リンク集
  1. 株式会社ヒルフロント
  2. 田中バレエ教室
  3. 株式会社ボンリブラン
  4. パティスリートゥールモンドシュシュ
  5. リフォームレモン
  6. パパの育児@親バカはじめました
  7. 一般社団法人看護コーチ協会
  8. 神頼み
  9. 裏サイト
  10. 農家
  11. ドミネーションズ攻略Wiki
  12. ヤフーショップログイン
富山で商品開発
富山で商品開発 : やかもち蔵で蕎麦饅頭を販売したら良く売れた件。
投稿者 : ばいにゃこ 投稿日時: 2016-11-21 18:13:28 (225 ヒット)

こんにちは。

富山のスイーツ専門店リブランと和菓子の匠千葉先生の協力で

富山Pが作った甘皮そば粉を使ったそば饅頭が出来上がったばいにゃこです。

とんとん拍子に話がまとまり、11月18日から3日間やかもち蔵の創業祭にて販売して貰える事になった。

やかもち蔵:〒930-0827 富山県富山市上飯野1-1



どうだ凄いだろ。

何が凄いって、リブランの松井社長と千葉先生に相談しただけでボクぁ何もしてない事だ。

人徳に違いない。たぶんそうだ。きっとそうだ。

もちろん一抹の物足りなさが無い訳ではない。だが素人が口出してすべきではない。

餅は餅屋、プロに任せるに限る。

謙虚に低姿勢に、ボクはひたすら媚びて甘えようと思う。

第一自分で手配するのは面倒臭い。

このお礼はいつか精神的にと心に誓いつつ・・・図々しくも創業祭のチラシに掲載を希望。



大きく紙面に掲載して頂いた。

ご好意に甘え紙面の一等地に掲載して貰った。

そば粉の生産者富山Pにも喜んで貰えた。

そして、このタイミングでまさかの値切り交渉。

気分を良くした富山Pに対して「甘皮そば粉」の仕入れ値を値切った。

若干引きつった顔で苦笑いされたが、ボクのお小遣いが少し増えた。

ガメツイ、セコイと言うなかれ、お金は大事だ。

理想を追うにも金が掛かるのだ、理想を維持するには満足感が必要なのだ。

お小遣いが増えて今日のボクぁ満足だ。

なんにせよこのそば饅頭は富山市山田村ブランド・・・如いては富山ブランドを生み出す第一歩なのだ。

ありがたい、ありがたい。



そして迎えたやかもち蔵創業祭!

千葉先生率いる和菓子ブランドゆり邑の職人さんたちが一生懸命!

そう、一生懸命!朝早くからたくさんのそば饅頭を作って下さった。

ボクも微力ながら手伝おうとするも、「邪魔」っという漢字二文字で一刀両断。

あぁ、ボクが植物だったらせめて酸素でも供給できたのに・・・

っと工房で植物のモノマネをしているボクをよそにそば饅頭作りは進んでいく。



真剣な表情で山田村の蕎麦粉を使ったそば饅頭作りに取り組む職人さんたち。

そんな職人さんたちを率いる和菓子ブランドゆり邑の匠千葉先生。

植物のマネをするばいにゃこさん。

完璧(パーフェクト)だ。

工房にいるすべてのスタッフがそれぞれの役割をこなす一体感。

美味しいお菓子が出来上がらないはずがない。



出来上がったそば饅頭は、やかもち蔵にすぐに運ばれ店頭に陳列。

やかもち蔵の店長さんのご好意で、お店の一等地に陳列して貰えた。



また立派な紹介POPや試食コーナーも作って頂けた。

ありがたい。ありがたい。

折角なのでお客様の振りして何度も試食した。

あくまで賑わい演出の為だ。

美味しかった。



多くの方々にご協力頂き、富山Pが作った山田村のそばを使った

そば饅頭を市場に流通させることができた。

そば饅頭は3日間たくさんのお客さんに購入して貰えた。

しかしこれで終わりではない。

そば饅頭に改良を加え、通販で全国のユーザーにお届けできるようにしようと思う。

まだまだばいにゃこの野望は始まったばかりなのだ。




☆蕎麦饅頭が生まれるまで企画日記☆



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ