2017年1月の富山紅茶の会~紅茶とガレット・デ・ロワ。

あけましておめでとうございます、富山県ゆるキャラ業界期待の星、ばいにゃこっス。

2017年最初の富山紅茶の会に参加してきましたぞい。

場所はいつも通り暮らし工房WISTAさん。そして新年最初のメニューは

・くれはの紅茶 VS あさひ紅茶
・和紅茶(奈良県 あおはに自然学校)
・ゆずジャム紅茶(くれはの紅茶アレンジ)

今回も美味しい紅茶&スイーツが楽しみですね(●´ω`●)ゞ

さっそくティーカップとポットを温めて、紅茶の会をはじめる準備をスタート。

くれは紅茶とあさひ紅茶の美味しい淹れ方はコチラ

(1)熱湯を注いでポット・ティカップを温める

(2)汲みたての水道水を沸かし、泡が出るくらい沸騰したらすぐにケトルをおろす

(3)温めたポットに5グラム6グラム(700ccの水にたいし)茶葉を入れる★700ccは2人用だが今回は数人でシェア

(4)沸かしたての熱湯を高いところから勢いよくポットに注ぐ

(5)紅茶を適時間蒸らしたらカップに注ぐ(2人以上の場合は濃さを均等にするため回し注ぎ)

美味しい紅茶を飲む為に、ひとつひとつ丁寧に素早く行います。

紅茶を蒸し終わったらカップに紅茶を注いでいきます。

参加者の皆様は熟練の方が多く手馴れた手つきですね。

ボクももっと上手に紅茶を淹れれるようになりたいものです。

さて、美味しい紅茶のお供と言えばスイーツが欠かせません。

今回のスイーツは季節を感じさせるガレット・デ・ロワ。

毎年1月6日に食べられるフランスの伝統菓子でした。

ガレット・デ・ロワの中にはフェーヴと呼ばれる陶器の人形が1つ入っておりまして

切り分けたガレット・デ・ロワの中に入っていた人は王冠を被り

祝福を受けて1年間幸福に過ごせるといわれております。

紅茶とスイーツを嗜みながら、ワイワイと楽しむことができましたぞい。

今回は珍しい和紅茶も飲むことができました。

社会福祉法人 青葉仁会 あおはに自然学校の生徒さんが奈良紅茶サミットの為に作った紅茶ですね。

緑茶品種の「やぶきた」を手摘み&手揉みして紅茶にしたリーフです。

自然栽培の自然仕立ての紅茶はコスト的になかなかお目にかかれない。

物珍しさもあり、実に美味しい一杯でした。

最後は、くれはの紅茶のアレンジティ!ゆずジャム紅茶(*´ω`*)

甘いものが大好きな富山県民。

ゆずジャムをたっぷり入れて、飲ませて頂きました。

やはり富山紅茶はアレンジティに向いていますぞい。

新年初の紅茶の会、いつも以上に素敵な時間でした。

紅茶が好き、紅茶にご興味がある富山県民の皆様。

よかったら、ぜひご参加してみて下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です