富山市中心市街地でドサ回りしてきたぞい

こんにちは、富山県のご当地キャラばいにゃこぞい。

今回は富山市中心市街地に遊びにいってきたぞい。

富山市は都市の郊外拡散を止める施策「コンパクトシティ」で世界先進モデル都市に選ばれたらしい。

世界の富山市。

その中心市街地でご当地キャラとしての売名行為に勤しもうと思う。

ボクも少しは人気を高めないとね。

さぁ下心を胸に秘め、疾風怒濤の富山市中心市街地「総曲輪」デビューです。

さぁ、みんなーご当地キャラだよ。

富山生まれの新しいご当地キャラ、ばいにゃこさんだよー。

・・・あんまり人がいない。

ちと閑散としすぎてはおらんだろうか?

富山市はOECD(先進34か国からなる経済協力開発機構)によって

メルボルン、バンクーバー、パリ、ポートランドと肩を並べる

コンパクトシティの世界先進モデル都市に選出されておるはずなのだが?

ちょっと人を探して歩き回っていると、富山まちなか研究室 MAG.netという施設にたどり着いた。

学生さんがたくさんおって救われたぞい。

学生さんたちに写真撮られて嬉しかった。

地域の食材を売っとる「地場もん屋」にもよってみた。

安心安全の富山ブランドの素材が購入できるらしい。

富山市郊外に点在しとる「そよかぜ農産物直売所」より若干商品が充実しとる。

暇なのでたまねぎ買った。

しかしこの富山市中心市街地訪問・・・

通りすがりのおばちゃんに、「あ、ばいにゃこさんだ」と声かけて貰ったのがハイライト。

特に人に囲まれることもなく、デパート大和前でのんびり休憩できるぐらい落ち着いてた。

でも考えてみたら、これこそが富山の魅力かもしれない。

人ごみを富山県に求めるのが間違い。

ゆったり流れる景色の中で、静かに時を刻める幸せ。

あまり売名行為できなかったけど、富山県の魅力に気づけた一日だったぞい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事