こんにちは、富山県の野良キャラばいにゃこです。

ボクが代表を務める富山スイーツ倶楽部でデコレーションケーキを作るイベントを主催してみたぞい。

1人1台、12台のデコレーションケーキを作ってみた。

ケーキ作りを通して人の交流を活性化、ついでに地域活性化させようと

富山中心街「総曲輪ウィズビル1階」の地場もん屋貸しスペースで開催してみた。

参加者さんたちと和気あいあいとケーキ作りを楽しみました。

スイーツ倶楽部メンバーと、学生さんたちが一緒になってケーキ作り。

普段食べる専門でケーキなど作らない男子スイーツ倶楽部の方々も

一生懸命ホイップクリームをかき混ぜて、生クリームを作ったぞい。

たまにはこういうのも良いね。

女性陣はケーキにサンドするフルーツなどカット。

手馴れたもので手際良く準備を進めていた。

嫁にするなら富山娘と言われるだけのある。素晴らしい女性たちだ。

フルーツだけでも美味しそう。

つまみ食いしてたら怒られた。富山の女性はしっかりしとるぞい。

フルーツ用意して、生クリーム作ったらいよいよデコレーションケーキ作り。

好きなようにフルーツや生クリームを使いまくってケーキを作っていく。

人それぞれ、個性が出るぞい。

ケーキ作り初体験の女子高生も、頑張っていた。

JKとケーキ作りできるなんてボクぁ幸せな野良キャラだとほざいてたら、ケツを蹴られた。

そしてケーキにフルーツをサンドしていくとこんな感じ

まるでビックマックになったぞい。

ここまで出来たら、難しいナッペ(クリ-ム等を菓子に掛ける事)。

上手な人と下手な人に別れる。

自慢ではないが、ボクは主催者の癖に下手くそだ。

初参加された方々の方が上手だったのはご愛嬌というものだ。

ナッペが終わったら、さらに生クリームを絞って飾り付けです。

はじめて生クリームを絞る方々ばかりでしたが

実に器用に作り上げておったぞい。

回転台からケーキをトレイに移す作業も一生懸命

やはりスイーツは人を笑顔にする力がありる。

みんな楽しそうで、ボクも幸せな気分になった。

一人1台&試食用デコレーションケーキで、12台のケーキが完成。

みんな、なんだかんだ言いつつ、上手に出来上がっておったぞい。

山田村から啓翁桜を持ってきて下さった方がおったので飾ってみた。

桜の花で花見をしなからティータイムは最高だ。

お茶は富山産の紅茶と魚津産のリンゴチップのアップルティ

富山を感じる風流な席でスイーツ試食会になった。

和気藹々と、みんなで作ったケーキを食べて大満足。

また開催したいと思う。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事