こんにちは、富山県の野良キャラばいにゃこです。

毎月定例の富山紅茶の会 in 暮らし工房に参加してきたぞい。

本日のティーメニューは・・・

くれはの紅茶焙じ味 飛騨高山紅茶(岐阜県飛騨市・べにふうき) 薔薇の紅茶(あさひの紅茶アレンジ)

今が見頃の薔薇を使った紅茶や、珍しいほうじ味の紅茶に興味津津ぞい。

それはでさっそく、くれは紅茶のほうじ味から堪能させて頂きました。

くれは紅茶は、2002年、呉羽丘陵で偶然見かけた茶の木がきっかけで

かつて呉羽はお茶処だったことを知りから「地紅茶」を作ろうと下田さんが作りはじめた紅茶だ。

ご縁あった茶農家さんから生葉を買い取り初製造。

今回はそこで出来たくれは紅茶を地元ゆかりの伝統にちなみ焙じてみたらしい。

くれはの紅茶焙じ味(富山市産・在来品種)5gを600ccのお湯で5分蒸らす。

とても美味しい!

紅茶の香りもすれば、ほうじ茶の香ばしさもある。

日本人の心にすっと落ちてくるような紅茶だったぞい。

☆ちなみに美味しい紅茶の挿れ方は

ステップ1~入れる~茶葉の滞留運動ジャンピング・ベストドロップがポイント~

(入れ方1)熱湯を注いでポットを温める

(入れ方2)くみたての水道水を沸かし、プクプク泡が出るくらい沸騰したらすぐにやかんを下ろす

(入れ方3)温めたポットにティースプーンで適量のgの茶葉を入れる(本日は700㏄のの熱湯に対し5gの茶葉)

(入れ方4)沸かしたての湯を高いところから勢いよくポットに注ぐ

(入れ方5)紅茶を蒸らし終えたら紅茶をカップに注ぐ、複数で飲むときは濃さを均一に

さて、次に飲んだのは飛騨高山紅茶(岐阜県飛騨市・なべしま銘茶・静岡茶製茶)

高山の朝市通りを上がった安川地域に創業100年の老舗お茶屋「なべしま銘茶」が作っとる。

こちらの店主が6年かけて、国産紅茶つくりの大御所、村松二六氏を訪ね製造の仕方を習って作ったらしい。

丸子産の「紅ふうき」を使い萎凋→揉捻→発酵→乾燥の中の「発酵」で

奥飛騨温泉の湯けむりを取り入れここでしか作れない地紅茶をつくった。

奥飛騨温泉の湯けむりの味はわからないけど、美味しい。

良いお茶を飲ませて頂いたぞい。

さて、美味しいお茶のお供と言えばスイーツだ。

暮らし工房が作ってくれるスイーツは毎回楽しみにしとる。

今回は、バラのパンナコッタだった。新緑の5月は薔薇の季節。最高ぞい!?

バラの花びらも散っていて、インスタ映えする美しさ。

味も上品でとても美味しかったぞい。

そして最後に飲んだ紅茶も、薔薇の紅茶(あさひの紅茶アレンジ)だった。

今回の「薔薇の紅茶」はパティシェにオーダーして作った「薔薇のコンフィチュール」をシロップかわりに使う。

バラの香りと甘さが紅茶に良いアクセントを加えとる。

季節もとらえていて、とても幸せな気分になったぞい。

また、バラの花と同じ香り成分のゲラニオールを多くふくむ「ローズゼラニウム」を茶葉と同時に蒸らしたので

一層味わい深い1杯になった。

今月の紅茶の会もとても素晴らしい時間だったぞい。

また来月も参加したいと思います。

6月の暮らし工房午後の紅茶の会は6月21日(木)~いよいよアイスティーシーズンぞい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事