こんにちは、富山県の野良キャラばいにゃこです。

お米の収穫のお手伝いをしてきましたぞい。

そして今日は、収穫後の籾の乾燥作業を見学させて頂きました。

コンバインで収穫した籾には、20~30%の水分があり

カビ等の原因になったりと、品質が変質しやすいのですみやかに乾燥させる必要があるのだとか。

とはいえ急激に乾燥させると胴割れ米や砕米が増加して品質や食味が低下してしまうとか。

昔は天日による「自然乾燥」が主流でしたが、今は機械乾燥が主流なのだとか。

便利な時代ぞい。

さて、どんな機械で乾燥させているのかと見てみると・・・

ものすごいデカイ乾燥機で乾燥しとった。

どうやって小屋にいれたんだ・・・予想していたよりもずっと大きな乾燥機てびっくりぞい。

田んぼで収穫した籾をトラックに積んで、乾燥機のところまで運び

機会に接続して籾を自動でトラックから排出。

見たことの無い作業にボクの好奇心も有頂天ぞい。

農家のイメージが覆ります・・・農業の機械化にびっくりぞい。

排出された籾はホースを通って

吸い込まれるように次々の乾燥機の中に入っていきます。

後は胴割れ米や砕米が極力発生しないように温度など設定して終わり。

乾燥機がいっぱいになるまでコンバインで刈り取って移動を繰り返しました。

乾燥機のある部屋には、小石や虫を自動で選別してくれる機械などもありました。

農業も著しく進化しとる。

はじめて見る農業の世界は驚きの連続だったぞい。

とても貴重な体験ができました。ありがとうございます。

また手伝わせて頂ければ幸いっす☆

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事