山田蕎麦ブランド化プロジェクトとは

富山県富山市山田清水で作られている「山田産蕎麦」の認知度を高め!ブランド力を高め
富山県の新たな特産品として世の中に広めようという取り組みです。
インターネットを活用したPRをはじめ、山田産蕎麦を使ったお土産開発など様々なことに挑戦しております。

ばいにゃこさんの想い

2015年4月10日お友達の富山幸祐さんが富山市山田清水にて農業法人ヒルフロントを創業しました。
安心安全で美味しい食材を子供たちに食べさせたいと知恵を絞り大地に汗して頑張っています。
土壌改良から昆虫を使った農法など様々なことに挑戦し、失敗し、また挑戦を繰り返す彼をボクは尊敬しております。
彼の作るお米や蕎麦、自然薯、大根、啓翁桜などなど、どれも美味しいのですが特にボクは「山田産蕎麦」が好き。
無農薬にこだわり、安心と安全、美味しさを追求した「山田産の蕎麦」をもっと沢山の人に知って欲しい。
努力しとる生産者さんに報われて欲しい。
そんな想いから山田蕎麦のPRとブランド化に協力したいなっと思っとります。

事業目的

蕎麦と言えば「富山は山田の蕎麦」と言われるぐらい知名度を高め、山田の蕎麦を特産品化する。
日本全国、全世界までその名を轟かせ、グルメハンターが食べにくるような観光資源に育てることを目的とする。

事業内容

(1)山田の蕎麦の分析
(2)山田の商品紹介ページ作成
(3)山田の蕎麦を使った商品開発
(4)山田の蕎麦の通信販売
(5)山田の蕎麦の味を最大限に引き出すそば打ち法を習得

実施報告

総括

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事