親ばかスイーツプロジェクトとは

全国のパパママに我が子が甘いものを食べている姿を撮影&投稿して頂くというプロジェクトです。
「親ばかスイーツフォトコンテスト」を主催し、2008年から2018年までの10年間で25回開催。全国から1万件を超えるご投稿を頂きました。
ご投稿頂いた写真は富山県のスイーツファクトリー「やかもち蔵」や「リブラン空港通り店」に展示させて頂きました。

ばいにゃこさんの想い

子供の頃、母に連れられ向かった公民館で「はれときどきぶた」なる映画を観た帰り道「雲」を食べた。
白くて、冷たくて、フルーツが沢山のっていて、この世の物とは思えないぐらい美味しい食べ物だった。
そう、それは人類を魅了してやまないスイーツ「パフェ」。
裕福とは言えない幼少期だったけれど、ボクの人生の中で記憶に残り続ける素敵な思い出です。
そんな素敵な想い出を今を生きる子供たちにも経験させてあげたいなっと思っていた所・・・
この日本で子供が餓死したというニュースを目にしました。
親の虐待です。
飢え苦しんで亡くなったこの子にも美味しいスイーツを食べさせてあげたかったな。
もし世の中に少しでも親子仲が深まるチャンスを増やせたらなら
この世界から一人でも、たって一人でも辛い想いをする子供を減らせるだろうか?
そんな想いから、親ばかスイーツフォトコンテストを始めた次第です。

事業目的

嫌なことや辛いことがあっても 「スイーツを食べている時は幸せ」
もし親子でスイーツを食べる機会を増やせたならば、世の中に幸せが増えるのではないか?親子の絆が少し深まるのではないか?
そんな目的(想い)から親ばかフォトコンテストを実施しております。

事業内容

全国の甘党と作るポータルサイト「スイーツ倶楽部」を制作。
全国各地のスイーツ情報が自由に投稿できるようにしました。
個人が趣味で運営する国内最大級のスイーツコミュニティに成長。
そのコンテンツとして親ばかスイーツフォトコンテストを主催してきました。

2008年:第1回親ばかスイーツフォトコンテスト開催。
2009年:第2回、第3回開催
2010年:第4回、第5回開催
2011年:第6回、第7回、第8回開催
2012年:第9回、第10回、第11回開催
2013年:第12回、第13回、第14回開催
2014年:第15回、第16回開催
2015年:第17回、第18回、第19回開催/ やかもち蔵で親ばかスイーツフォト展示
2016年:第20回、第21回。第22回、第23回開催
2017年:第24回開催
2018年:第25回開催/コミュニティサイトスイーツ倶楽部閉鎖
2019年:リブラン空港通り店で 親ばかスイーツフォト 展示

実施報告

第1回~第6回までの投稿作品はパソコン故障により紛失いたしました。

2011年:第7回・第8回親ばかスイーツフォトコンテスト投稿作品

総括

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事