あまり真面目に書くのは小っ恥ずかしいのですが、ばいにゃこさんプロジェクトのメンバーも100人を超え

ふざけてばかりはいられないなっと代表の声を書き直してみました。お恥ずかしい限りです。

こんにちは、ばいにゃこさんのマネージャー兼、ばいにゃこさんプロジェクト代表の樋口です。

まず、ばいにゃこさんに興味を持ってくれてありがとう!

ボクらのホームページまで足を運んで貰えただけで奇跡なのに

わざわざ「代表のご挨拶」まで読みに来てくれた君には感謝の言葉しかない。

ありがとう。ありがとう。本当にありがとう。

さて、ばいにゃこさんプロジェクトをスタートさせてから4年の月日が経ちました。

最初は1歳の愛娘に富山県のオリジナルマスコットキャラクターを召喚したら喜ぶかな?

富山県をPRするキャラクターにも利用できるし作っちゃえと軽い気持ちで「ばいにゃこさん」の召喚しようと考えました。

しかし折しも世間はご当地キャラブーム真っ只中!

実際にマスコットキャラクターを召喚するとなると途方もないお金が必要で、心が折れそうになったものです。

ぶっちゃけ心が折れて、一度は頓挫しそうになりました。

そんな時に友人に励まされ、全国配置薬協会の方に売薬さんの歴史を教わり

富山県の礎を築いた売薬さんを見習わねばならぬと気持ちを奮い立たせる事ができました。

そして「やりたいと思った事を大人が簡単に諦めとるようでは子供たちが夢を見れない。」

「何度失敗しても、何度転んでも立ち上がり、挑戦し努力する姿を示したい。」

「焦るようなことで無し、マスコットキャラクター育成ゲーム感覚で楽しみつつお金貯めて挑戦しよう」

っと「自力、工夫、低予算」をモットーに様々なビジネスに挑戦してお金を工面し

1年の歳月をかけ置き薬で有名な富山県の売薬さんをモチーフにしたオリジナルマスコットキャラ「ばいにゃこさん」を召喚しました。

広告収入など様々な方法でお金を調達したので、お金に卑しい汚れたマスコットキャラと随分叩かれたものです。

税金を無駄遣いしたわけでも、誰かを騙したわけでもないのに、世の中の厳しさを知りました。

そういう経験を通して「人に偏見を持たず優しくあろう」と成長できたと思っとります。

もっとも、お金を調達したと言っても当初はお金が全然足りず衣装すら無い状態でした。

世の中優しい人も沢山いるもので、困ってるボクらに古い着物を提供してくれたり

仕立て直して衣装を作ってくれる協力者もおりました。

そういう人達と触れ合う中で、ばいにゃこさんと地域の為にもっと貢献したいと思うようになりました。

なんて「想い」はあっても金がない。コネもない。人気もない。

そんな野良マスコットキャラクター(以下野良キャラ)が活躍できるほど世間は甘くない。

不審がられ、警戒され、なかなかばいにゃこさんが活動できる場所は見つかりませんでした。

焦る気持ちはあるけれど、何年かかっても後退しなければいつか辿り着くと

例えご当地キャラとして活動できなくても

ばいにゃこさんの育成の糧になりそうな事には何でも挑戦し、一つ一つ小さな目標を達成し続けました。

なんかこう書くと、良い話っぽく聞こえますが「育成ゲーム」感覚で楽しみながら取り組みました。

ばいにゃこさん活動履歴

そうして活動を続けていると、キッズサークルや地域のお祭りなどに呼んでくれる方々も現れはじめました。

ばいにゃこさんに活動の場を下さった皆様に心から感謝しております。

最近ではTwitterなどSNSのフォロワーさん達も応援して下さるようになりました。

そうしてたくさんの方に応援されはじめると、ばいにゃこさんの知名度をもっと高め

地域に貢献できるように成長させたいという「欲」が出てきました。

そこで、ばいにゃこさんの野良キャラとしての知名度を高める為

2018年ゆるキャラグランプリに参加してみようと決意しました。

しかし・・・

 

・・・所属団体が無いので参加資格がありませんでした。

相変わらず、世の中思い通りにいかんもんです。

途方もない難題で頭を抱えてしまいますが、どんな困難にも挑戦して乗り越えて行くのが「ばいにゃこスタイル」。

己を奮い立たせ所属団体作りとメンバー募集を行ったところ

1ヶ月で100名を超える方々がメンバーになって下さいました。

メンバーの皆さんは、宣伝を手伝ってくれたり、売薬さんの紹介動画を作ってくれたり、イラストを描いてくれたり。

それぞれが出来る範囲で出来ることを手伝って下さいました。

そうしてついに、ゆるキャラグランプリ2018への出場が認められました。

また一歩目標を達成しました。

2018年8月1日からゆるキャラグランプリの投票がはじまります。

これからも地道に一歩一歩ばいにゃこさんは成長して行きますので、応援して貰えると嬉しいです。

今はまだご当地キャラとして認められるように努力しとる段階にすぎないマイナーキャラですが

いつか売薬さんを無形文化遺産に登録できるぐらいの、世の中に影響を与えられる存在になりたいと思っとります。

☆ばいにゃこさんプロジェクトもメンバー募集中です。

  

企画名 ばいにゃこさんプロジェクト
所在地 富山県富山市天正寺492-102
電話番号 076-413-4533
代表 樋口幸男
自己紹介 富山県在住・1979年4月2日生まれ。

お仕事はWebプロモーションプランナー。

お嫁様と子供とゲームが大好き。

最近の悩みは加齢臭とビール腹。

家族も友人も同僚すらボクを変人扱いするけれどボクだってボクみたいな怪しい野郎を見かけたら胡散臭いと即答できる位には常識人。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事