こんにちは、富山県のゆるキャラばいにゃこです。

ボクは甘いものが大好き。

美味しいスイーツを食べ歩くスイーツ倶楽部という団体を運営しとるぞい。

そんなスイーツ倶楽部が今回お邪魔したのは、富山市八尾にあもなかの皮専門店!

髙野もなか屋(富山市八尾町石戸872-2)

こじんまりとしたお店だけど、もなかアイスが美味しいと有名なもなかの皮専門店だ。

気さくな女将さんに、スイーツ倶楽部という団体である事を伝えると

もなかアイスを奢って貰えた。

ありがてぇ、ありがてぇ。

アイス食いながらいろいろお話聞いてみたぞい。

髙野もなか屋が生まれたのは昭和25年。

今は2代目がもなかを作っとる。

2代目は職人らしく寡黙でちょっと怖いおじさんでしたが

話をしてみると、とても気さくで素敵なおじさんでした。

全国から注文を受けて、もなかの皮を焼いとるそうです。

大変興味が沸いたので、図々しく工房を拝見させて頂きました。

工房にはたくさんの焼型が置いてあったぞい。

有名どころのもなかの皮も、髙野もなか屋で作っているとか。

驚いたぞい。

あそこの合わせもなか美味しいんですよね。

ふと、ボクの焼型も作れるのかな?

っと思いましたが、この焼き型を1つ作るのに数十万円かかるとか(´°ω°`)

頑張ってお金稼ごう。夢が広がるぞい。

もなかは、これで1枚1枚焼いているそうです。

手間暇かかっとりますね。

手焼き機で焼いた最中を食べさせて頂きましたがサクサクで美味しかったぞい。

最近の売れ筋は「最中の皮屋のもなか」というギフト菓子。

お嫁様へのお土産に手に入れてきました。

今回のスイーツ倶楽部も大満足ぞい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事