令和6年能登震災の被災地支援活動に充当されるご寄付のお願い

代表理事挨拶

コネもカネも知名度もないよそ者移住者のまちづくり

コネもカネも知名度もないよそ者移住者のまちづくり

こんにちは、一般社団法人ばいにゃこ村代表理事の樋口と申します。生まれは山梨県。ベンチャー企業に就職し埼玉東京でWebプロモーションプランナーとして働いて参りました。2008年28歳の時に別れた彼女を探しに縁も富山県に移住。無事彼女と寄りを戻し添い遂げ、今は二児の父をしております。変人と天才は紙一重と申しますが、愛とストーカーも紙一重ですね。さて2013年にはじめて娘が生まれた時、多くの親たちがそうであるように、私も我が子の幸せを強く願いました。ただ少し違ったのは願うだけでは望みは叶わないと経験していたこと。我が子が後悔のない幸せな人生をおくれるように、誰もが夢を描き、誰もが挑戦できる「環境」を。そんな子供たちが誇れるふるさと富山県を創りたいと志を同じくする仲間たちと活動しております。


私たちの生きる社会では、子どもの頃は夢をみろ、大志を抱けと言われるのに、成人を迎える頃には現実をみろ、堅実に生きろと言われがち。高い志や理想を語る大人たちに限って口先ばかりで自分自身で行動を起こしていない。何かを変えなければ成し遂げられるはずも無いのに、実際に行動を起こす人に対しては常識や慣習を持ち出して右に倣えと言い出す。重箱の隅をつつくような議論で夢を踏みにじる。挑戦すればやり玉に挙げられる。出る杭は叩かれ、飛び上がれば足を引っ張られ、前例主義の当たり障りのない行動しかとれなくなる。情熱を失った骨抜きの企画ばかりが走る。いつしか誰かの顔色を伺って挑戦する気力も失う。そんな大人たちの空気の中で、子どもたちが夢を描き、挑戦しようと思えるはずがない。かつて夢を描いた子供たちが、夢を諦めバカげた「何か」に染まってしまう。そして年老いた時、もっと挑戦しておけば良かったと後悔する。そんな社会を変える。子どもたちが夢を描き、挑戦しやすい環境を創る。誰もが夢を追うという選択ができる環境を作りたいと思った次第です。


ただ、当時の私には富山県に何のコネもなく、お金もなく、知名度すらありませんでした。そこで1歳の娘の誕生日にぬいぐるみの代わりにオリジナルご当地キャラばいにゃこさん(越中富山の売薬さんと猫のキャラクター)を創りました。よそ者の私ではなく富山県の非公認ご当地キャラの知名度を上げることで、地域の中で影響力を生み出すことにしました。それから10年。少しづつばいにゃこさんのファンになって下さる方が増え、ファンクラブが誕生し、ボランティア団体が作られ、法人化し、地域の事業や公共施設の管理まで任せて頂けるようになりました。そして今、富山県滑川市を拠点にまちづくりのソフト分野に特化し地方創生を目指す民間まちづくり団体として活動をはじめました。「誰もが夢を追うという選択ができる環境」「子供たちが誇れるふるさと創り」という夢に向かって、私自身が挑戦し続けることで子供たちに、未来への可能性を示していきたいと思います。もし共感して下さる方がおりましたら私たちの夢にご支援と協力をお願いいたします。 一般社団法人ばいにゃこ村 代表理事 樋口 幸男